施術方法により異なる脱毛の痛みと効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

saron-kurinikku

これから脱毛を行いたいと考えている女性にとって、現在数多く有る脱毛サロンや医療脱毛の中からどこの脱毛サロンを選べば良いか悩み所ですが、一方で始めて脱毛を受ける人にとっては痛みや脱毛の効果の等も心配の種で有ると考えます。

そこで、脱毛の種類や脱毛部位別に見た痛みの感じ方、更に脱毛の効果について調べて見ましょう。先ず、日本で行われている脱毛は「医療脱毛」と「エステ脱毛」に分類する事が出来る事を理解しておきましょう。

医療脱毛は医師等が脱毛の施術や術後のケアを行ってくれる脱毛行為で、脱毛の施術に使用される機器は、強いレーザーを照射する事で脱毛効果をより感じる事が出来ますが、その一方で脱毛の施術時の痛みを強く感じる場合が多く有ります。

一方のエステ脱毛は、医療機関では無く一般的に知られているエステサロン等で行われる脱毛行為で、お店のエステシャン等によって施術が行われます。

エステ脱毛で使用される機器は、照射されるレーザーも弱く光脱毛とも呼ばれており、施術時の痛みも比較的弱いとされておりますが、脱毛の効果は医療脱毛に比べて若干劣ると言われております。又、感じられる痛みは輪ゴムでパチンとはじかれている感じを受けると言われております。

これらの事から痛みに弱い方が初めて脱毛を受ける場合にはエステ脱毛を選択する人も多くおります。

次に脱毛の部位別に痛みの感じ方を調べて見ましょう。脱毛を行う身体の中で比較的痛みを感じ易い部位の特徴として、
皮膚は薄く繊細な神経が通っている部位が多く、具体的には顔や眉毛の周り、鼻の下や首の後ろ、脇の下や肘の下、膝の下やすね、足や手の指の甲等も痛みを感じ易い部位と言えます。又、女性を中心に脱毛部位として注目を集めているVIO脱毛では、

デリケートな部分で有る事で痛みを感じ易く、ビキニラインのVゾーンやIゾーンは痛みを感じ易くなっております。逆に皮膚の厚みが有る部位や皮下脂肪が付いている部位は、脱毛による痛みを感じ難い部位と言う事が出来ます。

具体的には顔で言えばほほの周りや、お腹周り、更にVIO脱毛の場合にはOゾーンと言われるおしり周り等は痛みを感じ難くなっております。但し、これらの脱毛の施術に伴う痛みの感じ方は個人差があり、医療脱毛でもエステ脱毛でも脱毛時に照射するレーザーや光を弱くしたり、痛みを和らげてくれるクリーム状の麻酔薬を使用する事も可能となっており、どうしても痛みを我慢できない場合には医師やカウンセラーに相談し痛みを和らげる処置を行って貰う事も必要です。

次に脱毛の効果について考えて見ましょう。せっかく痛い思いをしながら行う脱毛ですので、それなりの効果を期待したいと考えますが、医療脱毛とエステ脱毛ではその効果に差が有ります。痛みが強い医療脱毛では、脱毛部位に照射するレーザーをが強くし、ムダ毛が生える基になる毛根を破壊する治療を行います。レーザーが強い分強い痛みを感じますが、その分脱毛の効果が高く永久脱毛と呼ばれる事も有ります。

一方のエステ脱毛では、脱毛部位に照射されるレーザーが弱く設定されておりますが、脱毛の方法は医療脱毛と同様に毛根を破壊する施術が行われ、レーザーが弱い感じる痛みは弱くなりますが、脱毛の効果は医療脱毛に比べ低いとされております。特にエステ脱毛の場合には、施術が完了してから数年の内に再びムダ毛が生えて来る様になってしまいます。

又、脱毛の効果を感じられる期間にも違いがあり、医療脱毛は10回程度の施術で効果を感じる事が出来ますが、エステ脱毛の場合には最大で15回程度の施術を行い効果を感じる事が出来ます。これらの事から初めて脱毛を受ける方は、痛みが強くても高い効果を得たい方で有れば医療脱毛、痛みが苦手な方はエステ脱毛がお薦めの脱毛方法と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。