初めての脱毛サロン「ミュゼ」を体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

myuzetaiken

幼い頃からムダ毛が多く、小学生の時には好きな男子からムダ毛でからかわれたり悲しい思いをした事がありました。

昔はムダ毛処理をする時に剃刀も種類が沢山あった訳ではなく、脱毛サロンでさえ高額料金だったので私が初めて脱毛サロンに行ったのは20代後半になってからでした。

彼氏が出来たばかりでやはりムダ毛処理が大変になり、彼氏からも脱毛サロンに行ってみたらと後押しがあったのでその時に職場の先輩から教えてもらったミュゼに行ってみる事にしたのです。

ミュゼに直接電話を掛けてみた所、取り合えず今の肌の状態をカウンセリングしたいと言われ自宅から近い店舗に早速予約をしてみました。

当日はカウンセリングだけと言う事もありムダ毛は一応処理せず向かい、初めて入る脱毛サロンは白で統一され清潔感があり美人な受付のスタッフに緊張してしまう位でした。

担当の方と個室に入るとまずはムダ毛に対しての悩みやプランを説明され、剃刀負けで毛穴が広がりブツブツとした箇所を見せてじっくり一時間程のカウンセリングをしました。

これまでにムダ毛や毛穴の状態を彼氏にさえすぐには見せれない程だったのが、担当の方の優しい雰囲気と理解ある気持ちが伝わり本当にカウンセリングだけでも受けれて良かったと思いました。

プランはいくつかある中でよく話し合い、顎・口回り・脇・胸・背中・腕・足・指・Vラインとほぼ全て含まれるコースに決めました。

それでも一年半かけて十万円程だったので、金欠でなかったら更にプランを追加したい気持ちでした。

そして脱毛の日となり、朝から気合いを入れてムダ毛を少し剃ってしまいましたが実は剃らずに全て任せる事が良かった様でした。

時間になり更衣室で荷物を預け服を脱ぎ、タオル素材のワンピースを着て個室へと通されました。部屋にベッドと脱毛をする機械があり、これから初めて行う脱毛に胸を踊らせました。

スタッフの方が来て笑顔で挨拶を交わし、ベッドに上がりワンピースを脱がせてもらうといざ脱毛開始です。

スタッフの方が軽くムダ毛の残りを剃った後に『冷たくなりますね』とぬるぬるとした冷たいジェルが塗られ、ゴーグルをしたスタッフの方が機械を肌に当てました。少しビリッとした刺激はありましたが静電気が起きた位の痛みで、我慢が出来るものでした。

それを足から順番にやっていき、脱毛する箇所が多いからか途中からもう一人スタッフが増えてどんどんと作業が進んでいったのです。

順調に脱毛は進んでいましたが、顎の部分は痛みが少し強く感じそしてなによりVラインはスタッフの方にも『痛みがあります』と言われた様に一番痛みを感じました。静電気とは違い、まさに雷がVラインにだけ落ちた様な一瞬痛みで体が浮いた程でした。

『大丈夫ですか?』と何度もスタッフの方に声をかけられ、ひたすら唇を噛み締めながら耐えたのです。

全ての脱毛が終わった後は冷たいタオルで体を覆ってもらい、しばらく休んでから肌にローションを塗ってもらい終了しました。時間は一時間半位だったと思いますが、箇所も多かったのにテキパキと作業をしてもらい所々で声をかけてもらいとても安心出来ました。

服を来て担当の方と次回の予約や肌に良いローションについて説明を受けましたが、全く勧誘などもなく丁寧で気持ちが良い対応が心に残りました。

ミュゼに通う様になり、行けない日があったり日にちを変更したい場合でもミュゼのアプリから手軽に変更が出来るので忙しく電話が出来ない方にはとてもおすすめです。

一年半通い、ムダ毛は今では殆どなくなりましたがまだやっていない脱毛もしていきたいと思っています。

他の人よりムダ毛が濃かったり毎日のケアで大変な思いをされている方は、肌に負担がかからない為にも是非脱毛サロンに行ってみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。